サンタクロース物語

一人前のサンタを目指す少年の成長記
+テキストごった煮
<< August 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- | permalink | - | - | pookmark |
<< 365日のバースデーテディ | main | 散々エゴグラム >>

俺のハートはレッドゾーン

注:)タイトル特に今日の日記とは関係ありません。

今日は暇なので童話を読んでました。長靴をはいたねこですいいなぁ。うちもそんな猫が欲しい(マテ)
まぁ、ネコつったら

さみしがりやで甘えん坊とっても純粋でムジャキなトロちゃんが好きです(笑)

カラバ公爵…。あの猫のセンスはよくわかんないです。

まぁ、なぜ童話かというと、うちのお母さんがですね〜。もういらなくなた本を捨てようとしたときに「童話とかは大事にとっておきなさい」って捨てさせてくれなかったんですよね(笑)だからこう暇な時にたまに読むんですが、みにくいあひるのことかマッチ売りの少女って何度呼んでも泣きますよね。でも、なぜかフランダースの犬は泣けないんですよ私Σ(゚Д゚;

どうやらお母さんは「いつまでも純粋な心を持って欲しい。」と言った意味で童話を捨てさせなかったみたいです。
創作のネタじゃなくタネ | permalink | comments(0) | - | pookmark |

スポンサーサイト

- | permalink | - | - | pookmark |

この記事に対するコメント

コメントする