サンタクロース物語

一人前のサンタを目指す少年の成長記
+テキストごった煮
<< October 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- | permalink | - | - | pookmark |
<< 黒スーツから白スーツへ | main | あの人の座右の銘 >>

妖精通信始めました

紫雪隊長とこの妖精さんがうちの妖精さんの回答を要請してくれたので回答します

キャラ回答が危惧されます苦手な方はゴースルー
JUGEMテーマ:バトン
 
変なところを考察バトン
このバトンは、好きなキャラの「……そこ?」というところを考察するバトンです。
一つにつき何個あげて頂いても構いません。オリキャラ紹介なんかにも使えるかもしれません。  

指定 →ライラ・ヴァンガード

書きそうな字体(行書、すげえ汚い、など)
 →行書体に筆記体。意外と綺麗に書く  

得意そうなゲーム
 →テーブルゲームは強い。特にポーカーとかチェスは尋常じゃなく強い。三太がチェスが好きで、結構得意だったけど、ライラにフルボッコに負かされて以来嫌いになった。

ラ「さんた……。またチェスやろ?」
三「あー俺はもうやりません!!」
ラ「負けるのが怖いのか?」
三「なっ!!!んなことねぇよ。しゃーねーなぁ……つきあってやるよかかってこい!!」

そしてまたふるぼっこにされる主人公wwwww

全巻揃えてそうな漫画
 →ん〜漫画は最近三太の影響で読んだりすることもあるけど、漫画より小説派かな?意外とハルヒさんとからきすたとか好きそうw

熱く語れそうなジャンル
 →お笑い、歴史系

日本の時代劇が好きらしい三太に色々情報提供してもらってる。
ラ「さんた、じだいげき〜」
三「時代劇は俺の範疇じゃないが、とりあえず遠山の金さん、水戸黄門、暴れん坊将軍かな……今度親父あたりにそろえてもらうよ。」
ラ「やったー。さんたすきー」

オッサンは鋭い目つきで三太を見つめているー

生き残れ主人公!!

その職業でなかったら何をしていそうか
 →なんだろう・吸血鬼じゃないライラさん…吸血鬼になったことであんな妖精スキルや医療技術を身につけたので、普通にお嫁さんになってそうっていうか吸血鬼じゃなかったら今を生きてないしw

絵は上手いのか下手なのか
 →意外と動物系をデフォルメしたほのぼのとした絵を描くのが得意。アスラちゃん大喜びw
  ただ人間を描くのはちょっと苦手…。

梢蘭「ライラさんは動物以外だとどんな絵を描くのが好きなんですか?」
ラ「死体…?」
梢蘭「………。」
ラ「なーんちゃって?」
梢蘭「なんで疑問系?っていうか普通に得意そうで怖いんですが!!」

好きそうな熟語
 →酒池肉林
  なんか工口い言葉だと思ってるらしい。が本当の意味は贅(ぜい)を極めた酒宴。 

徒歩派か車派か
 →必要がないと、家以外はほとんど動かないヒッキーwwww
まぁ単独行動する時は飛んだりしますが、みんなで行動する時はそれに合せて行動します。

(キャラ本人が)萌えそうなポイント
 →特にないかな。自分の感覚の赴くままに動いてる人なのでw

噛みそうな単語や早口言葉
→早口言葉を言わせようとすると絶対早口で言わないタイプwww 

コレクションしていそうな物
 →ホルマリン漬け、血液サンプル、お笑い大全集

なんなんだこの並びはwwww

実は好きそうな音楽のジャンル
 →雑食。興味を引くものがあれば何でも聞く

平均睡眠時間
 →5時間
最近は三太達に付き合うことで夕方ぐらいには起きている。冬は日が短いので割りと長く起きている。

長風呂か短いのか
 →極端に長い時と短い時がある。

ちょっとした希望
 →久々にレイブ以外の人間の血があることに吸いたい衝動とそれは旦那に背徳する所業だという葛藤がある。でも、もう少し人間が増えればちょっとぐらい吸ってもいいと思っている(意思弱っ!!)

他にありましたらご自由に
 →妖精ネットワークが使える。」よそ様の妖精さんキャラと念波で通信できるぞ(`・ω・´)
現在会員募集中らしい。

回す人とキャラを指定してください
隊長のとこの大人のおねえたまサーペントさんにパスするぜ(`・ω・´)
キャラクター考察(withネタ) | permalink | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |

スポンサーサイト

- | permalink | - | - | pookmark |

この記事に対するコメント

コメントする









この記事のトラックバックURL
http://spispa.jugem.jp/trackback/339
この記事に対するトラックバック