サンタクロース物語

一人前のサンタを目指す少年の成長記
+テキストごった煮
<< July 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- | permalink | - | - | pookmark |
<< VOICE×CREATOR 2010キタコレ | main | デザイン教えて >>

寒さに負けそう

せめてバトンだけでも寒さに負けないようにしたいものです。
続きは寿々さんのとこで貰ってきたバトン

キャラ回答な上、場合によっては、カオスな展開になる恐れもあります。苦手な方は全力で超逃げて!!

JUGEMテーマ:バトン
 
 寒さに負けるな!新境地

寒い日が続きますが、心は熱く行きたいものです。
そんなわけで、仲むつまじく、幸せそうな新境地、いってみましょう。
組み合わせによっては同性愛モノになったり、
キワドイ展開に陥る可能性もありますが、
そこはうまく、各々で処理してください。

1:戸仲居直樹
2:ライラ・ヴァンガード
3:戸仲居梢蘭
4:レイブ・ヴァンガード
5:周防遥
6:アスラ・エルポッド
7:黒須三太
8:シェトラ・エルポッド

★張り込み捜査中の(3:梢蘭)、買ってきたホットコーヒーを、背後からほっぺにぺたっ、とする(6:アスラ)。

ア:「はい!、お姉ちゃん!!あったかいの買ってきたー」
梢:「うわぁぁっ!!……ありがと。アスラちゃん♪。で、なんで三太に頼んだはずのコーヒーをアスラちゃんが持ってるわけ?」
三:「(肩車してるアスラをおろして)途中で、会ったから連れてきたんだよ。なー」
ア:「うん!!お姉ちゃんお仕事大変だからアスラお手伝いしたかったのー」
梢:「……ありがとねーアスラちゃん(頭をなでる)……(三太の耳元で)このロリコン!!」
三:「(小声で)アトデシメテヤル!!」

まぁ、アスラちゃんと梢蘭の身長差を考えると必然的にこうなるかなと

★自らの息で指先を暖めている(1:直樹)の手を掴み、自分のコートのポケットに突っ込んで、「あったかいだろ」と微笑む(8:シェトラ)。
直:「うぅ〜やっぱり島の寒さは堪えるわ〜」
シェ:「……こうすればあったかいっしょ?」
直:「うはっ!!シェトラとこんなことやっても、ちっとも萌えねぇ〜(深いため息)」
シェ:「キィィィ!!折角親切でいったのにムッカつくわね〜」

直樹君は、年上好みですからしゃーない!!

★(4:レイブ)と一緒に並んで歩くのを夢見ながら、せっせとロングマフラーを編む(7:三太)。
三:「これで、おっさんと並んで歩くのが俺の夢なんだ〜♪」
ラ:「……。」
レ:「(こっそり覗いてる)………!!!!。」
三:「ってんな趣味ねーよ!!(編みかけのマフラーを投げつける!!)」
ラ:「おおぅ…これがノリツッコミ!!」
レ:「……(少し安心したようながっかりしたような複雑な気持ち)」

何このおっさん!!

★白い息を吐きながらジョギングをする(5:遥)を、優しい目で見守る(2:ライラ)。
遥:「……あまり、飛んでばかりいるのもいけませんね。こうして大地を踏みしめないと…」
ラ:「……うむ。頑張れ…」

むしろ伴走してると思うんだ仲良しさんだから。

★熱っぽいと訴える(4:レイブ)の額に自分の額をくっつけて熱を測る(3:梢蘭)。
レ:「……」
梢:「あれ?レイブさん熱でもあるんですか?(おでこをくっつけようとする)」
レ:「……(視線を胸元に向けて)ふむ、成長はしてるようだな……」
梢:「…(離れる)ちょっと!!やらしい目つきで見ないでください!!!」

セクハ●ですね。わかります。ってかおっさん自重

★ヒーターの灯油が切れたから入れてくれと言う(6:アスラ)、もっと温まれる方法があると企み笑いの(1:ナオキ)。

サンタクロース島では灯油より暖炉の薪かなぁ?
ア:「薪がきれちゃったね。」
直:「そやなー。薪運ぶのもしんどいしなー。さて…こんなときどうやってあったまるでしょうか?」
ア:「???わかんない。」
直:「正解はなー。こうや!こちょこちょこちょー(アスラのわき腹をこちょこちょする)」
ア:「うっ…うきゃーーーあはははははは」
直:「ほーら、悔しかったらやり返してこんかい!!」

まぁ、流石兄手ひとつで梢蘭を育てただけはあって子供をあやすのは上手いです。ほのぼの空間


★銭湯の入り口で凍えながら(5:遥)を待つ(8:シェトラ)。冷え切った(8:シェトラ)の手を握り、冷たい、と呟く(5:遥)。
遥:「あら、シェトラちゃん。遅くなってゴメンなさい。外寒いでしょ?中で待っててもよかったのに…」
シェ:「ちょっと、星が見たくなりまして…。それにこの凍てついた寒さ、あんまり嫌いじゃないんですよ」
遥:「そうねぇ…。今日は特に綺麗に星が見えるわねぇ…。でも手がほら(シェトラの手を握る)こんなに冷たい…」
シェ:「…あはは、手袋持ってくるの忘れちゃいました〜。」
遥:「うふふ、そそっかしいのね。…じゃぁ手を繋いで帰りましょうか?」
シェ:「???…たまにはそんなのもいいかもしれませんね。」

シェトラは、スオウ様だけには敬語で話します。皆が妹のことで忌み嫌う中彼女だけは妹のことを受け入れてくれた大人だったから…。(ヴァンガード夫妻のとこは当時は知らなかった)

★布団が冷たいから、と、(7:三太)を抱き枕にして熟睡する(2:ライラ)。
三:「………これはいろんな意味で死亡フラグ立ってるって思っていいですか?」
ラ:「うふふふふふ……」
レ:「……。」

三太はこの後奥様に血を吸われ、オッサンに半殺しの制裁を受けるそういうフラグですね。わかりますw

★雪山で遭難する(4:レイブ)と(2:ライラ)。こうなったら温めあうしかないと真顔で言い出す(4:レイブ)。
レ:「さぁ、こい!!ライラ!!」
ラ:「合点!!」

まさかの夫婦!!全く違和感なさ過ぎて逆に残念!!

★もし自分が雪女だったら、(3:梢蘭)を氷付けにしてずっと一緒に暮らすのに、と、微笑む(1:直樹)。
梢:「そうだね、大歓迎!!」
直:「もっと怖がれ梢蘭!!ずっと一緒に暮らせても凍ったら何もできへんでっ!!」
梢:「あっ!!それはやだ!!」

逆ならしっくりきたかもね。これもまさかの兄妹www

★もし、自分が雪のように溶けて消えてしまったら? と、切なげに(6:アスラ)を見つめる(8:シェトラ)。
シェ:「もし私がが、溶けて消えてなくなっちゃったらどうする?」
ア:「やだやだやだーおねーちゃんいなくなっちゃやだー。うわーん(泣き出す)」
シェ:「…あーあー、ゴメンねアスラ。はい、このお話はもうおしまい。お姉ちゃんはずっと傍にいるから」
ア:「ふぇぇぇ〜ん……ぐすっ…」

まさかの姉妹wwww

★バレンタインに何がほしいかと聞くと、「甘いチョコより(7:三太)の甘いキスがいい」と笑う(5:遥)。
三「……ッ(赤面)いや、バレンタインというのはな、女性から男性にプレゼントするわけであってその、あの、ごっ、誤解なんだ!!」
遥「あらあら、最近は「逆チョコ」なんてのもありますよね。うふふ・・・。」
三「かっ、からかうのはやめてください!!」
遥「案外本気かもしれませんよ。」

スオウ様…未だにつかみどころのない女性です。

お疲れ様でした。
バトン | permalink | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |

スポンサーサイト

- | permalink | - | - | pookmark |

この記事に対するコメント

コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック機能は終了しました。
この記事に対するトラックバック