サンタクロース物語

一人前のサンタを目指す少年の成長記
+テキストごった煮
<< December 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- | permalink | - | - | pookmark |
<< JK | main | CV決定しました >>

三太の守備範囲について

 ギャルゲの主人公と定評のある主人公

下は5歳上は3桁と守備範囲は広いです。

そんな意味も踏まえて紫雪隊長に頂いたバトンに回答しまっする(`・ω・´)
 【指定キャラバトン】
 
今日一日、あなたは指定キャラと半径3メートル以内で
生活しなければなりません。
離れていいのはお手洗いのみとします。
 
指定キャラ→黒須三太
 
…起きると指定キャラと同じベッドで寝ていました。
Q:指定キャラはまだ寝ています。あなたはどうしますか?


A.とりあえずベッドから蹴落とす
 
△△覆燭六慊螢ャラに朝食を作らなければなりません。
Q:冷蔵庫の中には何がありますか?

A.自分の好きな食材しか入ってない。

まぁ、作る分には楽でいいかもね、栄養のバランスさえ考えなければ 

F鷽佑杷磴なに行かなければなりません。
Q:あなたは指定キャラに手を繋ぎたいと要求しました。指定キャラの反応は?


A.三「なんで俺が……めんどくせぇ奴だなぁ…・・・ホラっ!!」(そう言って手を差し出す)
 
せ慊螢ャラの部屋を二人で掃除します。
Q:あなたはいかがわしきものを発見しました。指定キャラの反応は?

A.三「おっ、オイ!!コラマテ!!それは、親父の会社に頼まれた奴だ決していかがわしいとかそいうんじゃない!!」 

見つけたいかがわしいもの=「うっふ〜ん」なお姉さんのフィギュア

まぁ、「へ〜 ほ〜 ふ〜ん…」って言いながらによによしますな。

ネ漆の時間です。割合豪華な料理が並んでいます。
Q:指定キャラは巻き貝を食べるのに苦戦しています。あなたはどうしますか?


A.捨てる


三「ってかなんで俺もお前も貝類嫌いなのに食卓に並んでんだよ!!」
まったくだ。
 
Δ修蹐修軻浴の時間です。
Q:指定キャラに混浴を要求されました。あなたはどうしますか?


A.「キャー!!三太の変態っ!!ロリコーン!!」とお約束の台詞を言ってみる。


三「なぜそこで『ロリコン』呼ばわりされなきゃならねぇんだよっ!!」
 「一度言ってみたかっただけです。ってか『変態』は否定しないの?」
三「……っ!!!俺は変態でもロリコンでもねぇっ!!!」

  
Ы⊃欧了間です。もちろんベッドは一つしかありません。
Q:指定キャラは床で寝ると言い張ります。あなたはどうしますか?

A.まぁ、たまには一緒にベッドで寝てもいいよ
 
またベッドにもぐりこまれても困るし(笑)

夜中気が付くと指定キャラが物凄い目であなたを見つめています。
Q:指定キャラが訴えたいことは何だと思いますか?

A.色々と心当たりがありすぎるので、今のは夢だったということにして寝直す
 
●お疲れさまでした。
・回した人に一言
バトンパス、ありがとうございまする〜!!
巻貝に苦戦してる二人を想像して萌えました(*´Д`*)ハァハァ
 
・回す人に一言
バトン強化週間と聞いて!!
もし、答えるバトンに困ってらしたら拾ってあげてください

  
●次に回す人10名とキャラクターを指定して下さい。
(強制ではありません)

紫雪さんとこのタンポポパパさんにリフレクなのですよー 
バトン | permalink | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |

スポンサーサイト

- | permalink | - | - | pookmark |

この記事に対するコメント

コメントする









この記事のトラックバックURL
http://spispa.jugem.jp/trackback/353
この記事に対するトラックバック