サンタクロース物語

一人前のサンタを目指す少年の成長記
+テキストごった煮
<< April 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- | permalink | - | - | pookmark |
<< Page9 〜friend | main | Page10 〜brother >>

King says xxx 2010 感想日記


いよいよお話が公開になりましたよー!!

どんな展開になるのか今から土器枠です。

12.25 
めりーくりすます!! イベントコンプリートです
本当に楽しいひと時を過ごせました♪
★ 2010年12月16日更新 手をつなぐ、斉藤妙とライラ・ヴァンガード

寿々さんがイラストを描いてくださいましたー!!あざーっす!!
実は斉藤姉妹は4姉妹だったんですねわかりま(ry
↑年齢的に無理がありすぎます

大丈夫です。ライラさんはフェミニストなので女性の血はあんまりちゅうちゅうしませんから(ちょwww)


★ 2010年12月17日更新 謎の薬で5歳児になった ノクティルカの世話を焼く戸仲居梢蘭

紫雪さんがイラストを描いてくださいましたー!!あざーっす!!
真実はいつもひとつのアレですね把握しましたw

実はこれと別件で紫雪さんとはコラボしようと思ってて「梢蘭と美冬ちゃんは友達♪」っていう設定にしようかなと思ってたんです。やだ、この二人もう既にらぶらぶだったのね!!
サンタのくだりはよく兄からサンタクロースのお話を読み聞かせられたに違いないと思います。

★ 2010年12月18日更新 立花真雪が斉藤妙の秘密を探る(担当:紫雪)

妙ちゃん最強伝説ですねわかります!!
妙ちゃんの人柄の良さを再確認した良作品です◎
ええのぅ…とてもえぇのぅ…。

★ 2010年12月19日更新 ライラ・ヴァンガードと橘望が一日限りの恋人ごっこ 

自分の担当分ですwww
なんか前日のほのぼのピュアっぷりから地獄に叩き落とした感は否めませんwww
まぁ…この2人ならこの展開しかないと思ってました。


★ 2010年12月20日更新 目覚めたら同衾してた新名求と藤堂美冬 (担当:寿々)

↑に続き乱交パーティですねわかります←ちょwwww
なんにもなくてほんとうによかったな求君って本気で思った。

★ 2010年12月21日更新 風邪を引いた戸仲居梢蘭を新名求が看病 

自分の担当分です。
「兄自慢」できゃっきゃする2人が書きたかったのです。梢蘭は現在の進行段階だと日本にいて三太の家でお世話になりながら女子高生してます。華道とか茶道習ってそう。だもんで
普通に美冬ちゃんとお友達だったり求君と兄自慢したりしてるんだろうな(笑)

★ 2010年12月22日更新 うたた寝した戸仲居直樹を眺める立花真雪

うおっ!!これも自分担当分です(あわわわわ)
意外と直樹と真雪君ならスーパーの特売情報で盛り上がりそうだ!!と思って取り組んだ小ネタですwwww直樹君はお金持ちの使用人なのに。通販カタログとか特売情報が好きなのです。

★ 2010年12月22日更新 一緒に雪遊びをする藤堂美冬、戸仲居直樹

紫雪さんあざーす!!「でぃふぇんでぃんぐちゃんぴおん」ちょっと首を傾げましたが、即理解wwwwきっと昨日↑の絡みは、前日の影響で死体ごっこ訓練をしてる間に寝ちゃったとこを真雪君に見つかったんですねわかります。

楽しく読ませていただきましたー!!

★ 2010年12月24日更新 闇鍋をする橘望とノクティルカ (担当:寿々)

テラシュール!!wwww
聖なる夜にクールGUY2人でまさかの闇鍋!!!
サンタさん、ネタネ申様本当にごちそうさまですw

★ 2010年12月25日完結 メリークリスマス!

めりーくりすます。うん。そうだねと思いながらリンクをクリックしてみたら
まさかのたまらんパラダイス!!!
主催者の寿々さんの粋な計らいに全俺が鼻血吹いたwwww

寿々さんと紫雪さん本当にありがとうございました。お二方とこのような楽しい企画に参加できて本当に楽しかったです。また、機会があればご一緒してくださいまし!!
- | permalink | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |

スポンサーサイト

- | permalink | - | - | pookmark |

この記事に対するコメント

コメントする









この記事のトラックバックURL
http://spispa.jugem.jp/trackback/363
この記事に対するトラックバック